TAPI登録情報にログイン

ログイン

半合成化学

半合成とは、天然の供給源から単離された化合物を出発物質として利用する化学合成の一種です。例えば、細菌培養物、細胞培養物、あるいは植物材料等を出発物質とする場合があります。一般に半合成にて目的とする物質の分子構造は比較的大きく複雑でといえます。半合成誘導体を合成する目的は効力、安定性、安全性などの点で元の物質よりも向上されたものを得ることです。

半合成法開発には、 有機合成化学ダウンストリームプロセッシング(DSP)の検討が含まれます。特にDSPの一部である クロマトグラフィーを利用した精製技術においてTAPAIの高度なスキルが活用されています。化合物は複雑で、構造異性体および光学異性体が多岐にわたり、天然生体分子やその誘導体は相対的に安定性が低いため、高収率の反応変換と最先端の精製技術が必要です。また、半合成原薬にはICHにも記載のない膨大な数の潜在的な不純物が存在しうるため、登録作業には特別なアプローチが必要となります。

半合成化学の分野におけるTAPIのプロセス開発と生産の能力は急速に向上しており、現在は1トン規模の能力を誇る専用目的及び多目的の製造プラントが稼働中です。半合成製造は生産コストが高く、大量生産は困難といえます。TAPIでは経験豊かでスキルの高い研究開発部門のスタッフが直接製造をサポートしています。TAPIの現在計画中の新製品には半合成原薬も多数含まれており、今後数年以内の上市を目指しています。
 
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software