TAPI登録情報にログイン

ログイン

環境への責務

TAPIは環境保護に真摯な姿勢で取り組みます。TAPIの研究開発及び製造拠点はすべて、国際的な規制、及びそれぞれが所属する地域の環境規制に準拠しています。たとえば、ヨーロッパにある工場は、欧州共同体の定めるREACH (化学物質の登録、評価、認可、規制)法制に準拠しています。
 
TAPIは、二酸化炭素(CO2)、硫黄酸化物(SOx)、窒素酸化物(NOx)、揮発性有機化合物(VOC)などの温室効果を有する汚染物質の排出削減にも継続的な取り組みを行っています。
 
また、再生利用工程や廃棄物処理工程の開発、導入、維持にも力を注いでいます。排水処理や空気処理に関しては多額の投資を行い、最新の設備を設置しています。
 
TAPIは、世界最大の製薬企業トップ15に入るジェネリック医薬品のリーダー、Teva Pharmaceutical Industries社の独立事業部門です。 テバが継続して行っている環境への取り組みについては、こちら をご覧ください。
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software